2017/11/20

"I-she-tell" in AZ

私にはハッキリ聞こえましたが意外と難易度高いかも!?聞こえた方にはモリッ使徒検定1級を差し上げますw

2017/11/19

モリッシー "I WISH YOU LONELY" 対訳・解説 

I WISH YOU LONELY
アイ・ウィッシュ・ユー・ロンリー
MORRISSEY
モリッシー
対訳:aki-cat
I wish you lonely
お前が孤独でありますように
if only for one day
一日だけでも孤独なら
so that you might see
routine for me
私の日課がわかるかもしれない
since the day I was born
生まれたその日からの
Think of yourself only
自分のことだけ考えてる
of everything you demand or you want or you need
それは全部お前が要求するものか、欲しいものか、必要なもの
and to hell, to hell! with everybody else
それからまったく!他人のことなどお構いなしだ
Turn the key slowly
その鍵をゆっくり回すと
remember how I can't sleep
眠れない感じを思い出す
(or, if ever I do, an earthquake couldn't agiitate)
(もし眠れたとしたら、地震でも邪魔できないだろう)

Tombs are full of fools
墓場は愚か者でいっぱい
who gave their life upon command of
命令されて命を捧げたんだ
monarchy! oligarch!
君主国家に!支配者に!
head of state! potentate!
国家元首に!君主に!
and now?
それでどうなった?
never coming back! never coming back!
決してもどらない!決してかえらない!
Tombs are full of fools
墓場は愚か者でいっぱい
who gave their life upon command of
その命を捧げた指令は
romance gone wrong
うまくいかないロマンス
the same old glue
ありきたりにくっついても
never coming true!
決して成就しない!
never coming true!
決して成就しない!
Tombs are full of fools
墓場は愚か者でいっぱい
who gave their life upon command of
その命を捧げたコマンドは
heroin! heroin! heroin!
ヘロイン!ヘロイン!ヘロイン!
heroin! heroin! and?
ヘロイン!ヘロイン!それで?
never coming back!
決してもどれない!
never coming back!
決してかえれない!
I wish you lonely
お前が孤独でありますように
like the last tracked humpback whale
最後に追跡されたザトウクジラのように
chased by gunships from Bergen
ベルゲンからのガンシップに追われた
but never giving in!
でも決して屈しない!
never giving in!
決して屈しない!

※原文の表記は改行位置も含めLPの表示と同じにしています

◆解説◆
この歌の"You"はきっとトランプ自身か彼のような権力者でしょう。”humpback whale”(せむしの鯨)もトランプを連想させますw。とすると"You"はリスナーのことではないので、「君のことだけ考えて」「覚えておいて」など、リスナーに言っているように訳すと意味不明になってしまいます。"To hell..."のところを「心から…」と訳している方がいますが、そんな訳どこからきたのでしょうか!?ここは”to hell with~”のイディオムと考えるのが自然でしょう。孤独というお得意のテーマに加え、不眠、ロマンス、クジラなどを勇敢に入れて単なる反権力ソングになっていないところがさすが!ところでモリシー、そんなに不眠なの?w
⇒ぜひOfficialの訳と比べてみてください! ご意見等お待ちしています!

⇒"Spent The Day In Bed"の日本語訳付 Lyric Videoはこちら

2017/11/18

インタビュー (German Spiegel Magazine)

Morrissey interview + Polaroid photo in German Spiegel magazine
LAで行われた対面インタビュー!ドイツ語を英語にグーグル翻訳した投稿なので誤訳が確認できませんが、参考まで興味深かったところを。

1.Jacky's Only Happy When She's Up On The Stageは政治的な歌ではない。Union JackやBrexitの歌だという説を完全否定。

2.自分はノンポリ。でも我々のすることは全て政治と関係している。人生で一度も特定の党に投票したことはない。(←わかってます!政治については、ただ単に自分の意見を発信しているだけなんでしょ?w)

3.音楽が一番大事。生き残りの鍵。音楽だけが我々の友達。(←イイね!)

4.I♡イスラエル!(←新譜を聞いてよくわかった!イースラエール♪)

何度も延期されたあげくに掴んだ貴重な対面インタビューだったみたいなのに、政治やセクハラの質問ばかりで残念。またそこだけ英国メディアにとりあげられるよw

MORRISSEY DAY - LOS ANGELES

ラスト1分に大注目♡